40代(男)の転職の現実。主人が会社を辞めたいと言いました

青空
スポンサーリンク

今月の1月8日(火)、主人がニヤニヤしながら話しかけてきたので、何か楽しいことでも計画してくれたのかなーなんて思っていたら、

「会社辞めたい、別のところで働こうかなと思って」

と言ってきました。

新年早々驚きです!!!

主人は40代前半、結婚して約15年、今の会社で働くようになって約13年。

またあの恐怖を味わうのかと絶望的になりました。

約13年前の転職は私が妊娠してる時。

その時の会社は本当に最低な会社(社長)でして…。

年末調整のお金はくれないし、仕事が全く無い時期もあり、その時主人は、その社長の知り合いの農作業の手伝いをさせられていました。

給料は1日5,000円。

私は普通に仕事をしているもんだと思っていたので驚きました。

さすがに主人もヤバいと思い、農作業の3日目に辞めると社長に言いに行きました。

実は私も一緒に行ったのですが、社長はこちらを見もせず、社長の奥さんが対応しました。

もちろん退職金なんてありませんよー。

この社長、私にも仕事をさせましたからね。
(もちろん報酬は無し)

確かこの次の日に知人の紹介で今の会社に入ることができたのです。

ちなみにこの知人も、上記のヤバい会社で働いてた人でしたw

スポンサーリンク

なぜ転職を考えるようになったのか?

どうやら去年の年末から転職を考えてたのこと。

去年の12月にボーナスを頂けたのですが、実は前回(去年の7月)のボーナスと金額が1円単位まで全く同じでして…。

主人はどうもそれが気に食わなかったようなのです。

前回とだいたい同じってことはあるかと思うのですが、まったく同じでしたからねw

どういうこと!?って私も思いました。

あとは、仕事はどんどん増えるのに人は増やさないし給料もさほど増えない…。

主人の年収は税込400万円。

そして今年4月から子供が中学生になります。

当たり前だし分かってはいたのですが、教育費が上がりまして…。

それで主人は思い悩んだようです。

で、次もまた知人が働いている会社で働きたいらしく、今その知人に話を聞きに行っています。

また知人の紹介。

40代(男)の転職の現実。

さて、どうなることやら…。

また動きがあったら記録に残していきます。

転職話のその後について

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ 

スポンサーリンク