アイブロウ(眉毛書き)の節約!分解すればまだ使えます!

無印良品のアイブローペンシル
スポンサーリンク

私は【無印良品】アイブローペンシルを使っています。

くり出し式のアイブロウ(眉毛書き)なのですが、このアイブロウでさえ節約しています。

と言っても、ワインのコルクをライターで炙って、その黒墨で眉を書くのではありません!

初めて見たときは衝撃でしたが、最近たびたびテレビで見かけるので、だんだん慣れてきました(笑)

我が家はワインを飲みませんし、コルクをくれる友達もいません。

なのでアイブロウは自分で買います!

ちょっと話が脱線してしまいましたが、アイブロウって無くなったようにみえても、実はまだまだあるんです!

スポンサーリンク

無印良品のアイブロウを分解して使う

無印良品のアイブロウ。

無印良品のアイブローペンシル

あれ?アイブローって書いてある。

ずっとアイブロウだと思っていたのですが…。

このように分解します。

無印良品のアイブローペンシルを分解

結構大変です!!

ねじりながら力強く引っ張ってください!

アイブロウの芯を出します。

無印良品のアイブローペンシルを分解

ほら、まだありますよね(笑)

無印良品のアイブローペンシルを分解して心を出す

まだまだ使えるんです。

白い部分を持って眉毛を書くのですが、ちょっと書きづらいので、新しいアイブロウと併用して使っています。

数年前までは、最後までくり出しても出てこなくなったら捨ててました。

ふと、中はどうなっているのか気になり、力強くねじり引っ張ってみたら、まだ少しあるじゃん!みたいなね。

私はリップクリームも掘り出して使っています。

人には言えないけど…

人にはなかなか言えない節約ですが、家でこっそりできるので、繰り出し式のアイブロウを使っていたらやってみてください。

ちなみに、無印良品のアイブローペンシル以外のアイブロウでも、同じようにねじり取ることができて使うことができますよ!

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ 

スポンサーリンク