公立中学校の吹奏楽部の部費の平均は?費用が高すぎて驚きを隠せません

小学生の習い事ピアノ
スポンサーリンク

こんにちは。

子供が今年の4月から中学生になりました。

公立中学校の入学費用はいくらかかったか

そして強制ではないのですが、部活に入りました。

吹奏楽部です!

お金がかかると言われている吹奏楽部です!!

あまりにも費用が高すぎて驚きを隠せません!!!

公立中学校の吹奏楽部の部費の平均は一体いくらなんでしょうか?

4月下旬に入部して7月現在までに部費を含めて費用はいくらかかったかを公開しようと思います。

スポンサーリンク

吹奏楽部の費用について

子供が通っている公立中学校の吹奏楽部の部費は、3,500円/月です。

(楽器によってはもっと高いです)

●部費の内訳
・楽譜代
・ホール練習の会場利用費
・講習代
・伴奏代
・講師代
・楽器の修理
・楽器の購入
・雑費

私が調べた限りですと、吹奏楽部の部費の平均は3,000円~5,000円/月に感じられました。

そう考えると子供が通っている学校は平均的ですね。

強豪校になると30,000円/月なんて学校もあるらしいです。

そんなに高いと入部させられないかも…。

音楽ってやっぱりお金持ちの人がやることなのかな~。

スポンサーリンク

吹奏楽部の自己負担費について

子供はクラリネットを担当することになりました。

クラリネットといえばリード。

自己負担で購入したものはコチラ。

●リード(1箱)  約2,700円
●リードケース  約2,600円
●スワブ     約800円
●グリス     約550円
●クリーニングペーパー 約400円
●サムレストクッション  645円
●譜面台(ラック付)   1,977円
●チューナー(マイク付) 5,410円
●ローファー   3,900円
●コンクールチケット代  1,400円
●地区演奏会DVD  1,200円
●部活のTシャツ  3,800円

合計  約26,000円

ーーーーーーーー

部費3,500円×5~7月=10,500円+自己負担26,000円=36,500円

約3ヶ月で36,500円も費用がかかりました。

今はまだ入部したばかなので出費がかさむのは分かるのですが、高すぎると思いました。

吹奏楽部の臨時徴収について

部費は3,500円ですが、活動内容により臨時徴収があるそうです。

楽器の調整代は自己負担。

楽器の修理代は上限未満は自己負担。

ビックリ仰天です!!!

吹奏楽部の今と昔

なぜ私が費用が高いとここまで驚いているのかというと、私も中学高校と吹奏楽部だったからです。

私が通っていた公立中学校・県立高校では、部費はありませんでした。

調整代・修理代も学校負担。

楽譜も学校負担。

講師代もホール練習の会場利用費も学校負担でした。

リードやリードケース、スワブ、グリス、クリーニングペーパー、サムレストクッションは私の時代も自己負担だったのである程度予想はしていたのですが、チューナーや譜面台は学校のものを使っていたので、用意しろと連絡を受けた時は驚きました。

本当に買わなくてはならないのか、子供に何度も確認してしまいました(^^;;

吹奏楽部はいつからこんなことになってしまったのでしょうか…。

まとめ

入部して約3ヶ月、子供は部活が楽しくて仕方ない様子。

音楽が楽しいというより、そこで新たにできた友達や先輩との交流が楽しいみたいなのです。

むしろその点が一番心配だったので、お金はかかりますが総合的にみるとこれで良かったのかなと思っています。

かなり軽く見積もって部活にかかる費用は、引退までに15万円くらいかかる見込み。

これで子供の経験値が上がり、楽しく過ごせるのなら安いもんです。

以上が、子供が通っている公立中学校の吹奏楽部の部費などの費用についてでした。

それでは(^^♪

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ 

スポンサーリンク