母の日のプレゼンと選びも一苦労!ご飯に連れていくのが手っ取り早い!

青空
スポンサーリンク

母の日のプレゼント選びって大変ではありませんか?

母の日に限らず、私は人様のプレゼンを選ぶのが本当に苦手。

何をプレゼントしたらいいのか全く分からないのです。

たかが1年に1回のことなのですが、4月の半ばくらいになると憂鬱になります。

4月の半ばじゃもう遅いのかもしれないのですが…。

「何が欲しい?」
「なんでもいいよ!」

本当に何でもいいんかい!!

このやり取りも嫌!!

毎年悩みの種だったのですが、数年前、実母にこのようにアドバイスされました。

スポンサーリンク

突然のプレゼンとは迷惑だと思う私

「毎年母の日に何をプレゼントしたらいいのか分からない」

私は実母に正直に言いました。

もう分からないですよ!!!

いきなりバッグとか洋服をもらって嬉しいんですか?

私は洋服をもらっても全然嬉しくありません!

だって試着したいし、好みもありますよね?

仮に相手の好みを全部把握していても、試着はしたい。

靴だって突然プレゼントされてもどうなんだろうって感じだし。

だからといって、お店に実母(義理母)を連れて行って選んでもらっても、たぶん値段を気にしちゃいますよね?

あとカーネーション。

毎年カーネーションをもらって嬉しいですか?

実母も義理母も甘い物が大好きなので、ケーキを買ったりしていた時もあったのですが、そのケーキですら選ぶのが難しくて…。

私は突然のプレゼンとは迷惑だと思うタイプ。

私の考えが特殊すぎるのでしょうか?

スポンサーリンク

母の日は、みんなでご飯に行くのが手っ取り早い

実母に正直に言ったら、

「もうね、娘と孫とご飯に行ったり会えるだけで嬉しいんだよ。だからご飯おごってくれればいいから!それに向こうのお父さんとお母さんも、母の日と父の日の合算でご飯に連れていけば?そうすれば1回で済むよ!」

こんなふうに言われました( ;∀;)

それから我が家では母の日と父の日の中間くらいに、お互いの両親をそれぞれご飯に連れていくのがプレゼントとなりました。

もう本当に楽です。

正直今度はどこの店にしようと悩むのですが、
(親(義親)にの何が食べたか聞きます)

プレゼントを選ぶよりかは楽。

ご飯に連れていくのがホント手っ取り早いです。

なので今年もご飯に行く予定。

今年で多分4回目なのですが、義両親がすごく喜んでいてね…。

そのお店でたまたま会った友達に、嬉しそうに自慢?してたんですよ。

「今日は息子夫婦が夕飯ごちそうしてくれてね~♪」

それを見たとき、「こんなんでいいんだ」と思いました。

例外も有り

ただこれが通用するのは、

●親(義親)が近くにいる
●親(義親)と外食するのが苦痛ではない

上記が前提となります。

もし親が遠くにいる場合は、やはり何かプレゼントを買って郵送するのが一番楽。

私は両方の親が比較的近くにいますので、仮に何かプレゼントをあげる場合は手渡しになります。

外食にしろ、プレゼントを渡すにしろ、どっちにしろ数時間は会わなくてはなりません(笑)

親(義親)と外食するのが楽しいわけではないのですが、プレゼントを選ぶよりかは精神的苦痛が和らぐので、毎年外食を一緒にしています。

そしてこのお金の捻出ですが、ボーナスからイベント費として予算を取っております。

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ 

スポンサーリンク