住宅ローンの繰上返済を実行!6年経過した残高はいくらになったか?

一万円札
スポンサーリンク

こんにちは。

先日6月3日に、6回めの繰上返済をしました。

我が家は2014年3月に、借入額 1,100万円、35年ローンを組みました。

住宅ローンの借入金額・頭金・内金・諸経費について

今回の繰上返済をした金額、住宅ローンの残高はいくらになったのでしょうか??

繰上返済

繰上返済の金額は、12万円

住宅ローン残高は、8,201,686円

ローン完済日は5ヶ月短縮され、2040年4月になりました。

スポンサーリンク

繰上返済する金額の決め方

私は毎年6月に繰上げ返済を年1回しているのですが、その理由は……

我が家の毎月の住宅ローンは33,144円

それを4万円と考え、差額の6,856円×12=82,272円を毎月積み立てる。

この82,272円で固定資産税を払いたいのだが、足らない。

2019年の固定資産税について


毎年1月に還付される年末調整を5月までよけておき、足らない分をここから補填。

固定資産税を5月に4期分まとめて払い、残った年末調整と貯金からなどの余裕額を足し、繰上返済をする金額を決めます。

このような流れにしているので毎年6月に繰上返済をするのです。

スポンサーリンク

繰上返済の履歴

1回め(2014年5月) 50万円
2回め(2015年3月) 30万円
3回め(2016年3月) 15万円
4回め(2017年3月) 14万円

(ここまでは固定資産税の減税期間だっため、毎月の積み立てだけで対応できていたので、3月に繰上返済していた)

5回め(2018年6月) 17万円
6回め(2019年6月) 12万円 ← 今回

年々少なくなってきてますね…。

家計に余裕がないのがバレバレ。

(というか、2018年は2017年より多く繰上返済してたんだと、ちょっと驚く)

微々たる金額ですが、当初の完済日が2049年2月だったのが2043年11月に短縮されました。

約6年返済が短くなって精神的負担が少し減った一方、繰上返済しなければ貯金が138万円多かったのか…とも思ったり。

繰上返済にはメリット・デメリットがありますが、私はどうしてもローンを早く完済したいので、積極的に繰上返済をして、尚且つ期間短縮型を選んでいます。

とりあえず、10年固定金利の最終日が2024年2月なので、あと約5年!!!!

その日までにできるだけ残高を減らせればと思っています。

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ 

スポンサーリンク