繰上返済と住宅ローン控除、どっちを優先させるか悩みどころ。私は精神衛生上を選びました。

スポンサーリンク

2014年3月から支払いが開始した住宅ローン。

1,100万円、35年で契約し、2017年4月現在の残高は9,088,773円

>>年収400万世帯が家を建てるのにかかった費用(内訳)を公開

>>住宅ローンの借入額はいくら?頭金や内金、諸経費について

>>住宅ローンの残高公開(2017年4月)

約3年経ちましたが、この間に4回繰上返済を実行しました。

●貯金を優先
●繰上返済を優先
●ローン控除の恩恵を優先

この3つのどれを優先させるか悩みどころ。

ローンが900万円台に入って少しホッとしたのですが、借金てやっぱり気分がいいものではありません。

(じゃあなんで住宅ローンを組んだんだという突っ込みは無しでお願いします…)

スポンサーリンク

今までの繰上返済

●2014年3月 50万円 (保証料返還15,798円)

●2015年3月 30万円 (保証料返還12,906円)

●2016年3月 15万円 (保証料返還7,982円)

●2017年3月 14万円 (保証料返還6,879円)

毎回期間短縮型を選択しているため、35年ローンで完済予定日が2049年2月だったのが、最終的に2044年11月になりました。

保証料は226,754円でしたので、合計43,565円戻ってきました。

ですが、振込手数料が毎回324円(合計1,296円)かかっています。

このことを知らなかったので衝撃でしたーーーー。

我が家が融資を受けた銀行は、30万円から繰上返済が可能だったのですが、いつの間にかに1万円からOKになっていました。

だからって頻繁に1万円の繰上返済しても、その度に保証料の返還に振込手数料が324円かかっていてはもったいないので、繰上返済は多くても年に1回にしようと決めました。

返済額は、その時の貯金と要相談。

繰上返済って賛否両論です。

●貯金を優先
●繰上返済を優先
●ローン控除の恩恵を優先

この3つが悩みどころですが、私はやっちゃうタイプ。

なぜかというと、借金を早く返したいから。

精神衛生上を選びました。

繰上返済をしたおかげでローン残高が9,088,773円

繰上返済をしたために、完済予定日2049年2月から2044年11月にできた。

繰上返済をしなかったら貯金が109万円多くある計算です。
(上手く投資をすればそれ以上になる)

もちろんどちらも魅力的ですが、私はローンを減らす方を選びました。

とにかく借金が嫌いなので!!

でも上記の金額を見ればわかる通り、決して無理な(無謀な)繰上返済はしていません!!

というより、我が家の低収入さがモロに表れてる感じ(笑)

とりあえず今年中に住宅ローンの残高が800万円台に入るのは確か。

だって今の残高が9,088,773円なので。

我が家は10年固定の35年ローンを組みましたので、2024年までが勝負。

2024年に固定金利と変動金利のどちらを選ぶかは、その時の残高次第で決める予定。

というより…、その頃には完済のメドが立っていればいいのですが…。

次回、我が家が>>住宅ローンを借りた銀行について書いてみようと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ 

スポンサーリンク